パナソニックの光エステとケノンの比較!カートリッジ編

脱毛器の比較には、カートリッジが重要!

私がケノンの購入を決めたのは、パナソニックの光エステよりもカートリッジのコストパフォーマンスが良いからという理由です。普通の人は本体価格だけを見て、7万円以上するケノンは高い!と判断しちゃうのですが・・。私は脱毛マシンを長期的に使っていきたいと考えていたので、消耗品であるカートリッジの価格などを調べてみたのです。良い脱毛マシンは消耗品が必要となりますので、こういう角度からの比較や分析も必要となると思います。

パナソニックの光エステのカートリッジは、意外と高かった!

私が調べていくなかで驚いたのは、光エステのカートリッジのコスパが非常に悪いということ。カートリッジの代金はたったの5,000円なのですが、1つにつきたったの13,000回しか照射ができなくて・・。倍の金額で最大50,000回もの照射ができるケノンと比べると、明らかにコスパが悪いということがわかったのです。

パナソニックの光エステは永久脱毛ではない!

光エステは「毛が生えるのを抑制する」という目的で作られた機械なので、定期的に脱毛することを考えると、ケノンよりも明らかに使用頻度が高いと考えられます。 そんな私も以前光エステを使っていた頃は、週に2回以上の使用頻度だったのでした。そう考えると、ケノンよりも照射回数がアップすると思うので、必然的にカートリッジの交換頻度も高まります。

これに対して徐々に毛が薄くなっていくケノンの場合は、次第に施術部位が減少していきますので、光エステのようにペースの落ちないカートリッジ購入に追われる必要もないのです。光エステはパワーも弱く、剛毛には全く効かないと言われていますが、ケノンはかなり毛深い私の肌にもぴったり合って、次第に毛が薄くなっていくのが嬉しい毎日です。将来的に考えるとかなりコストパフォーマンスが良いのはケノンと言えますので、脱毛マシンジプシーを続けてきた私も、おすすめしたいと思います。

このページの先頭へ