パナソニック光エステのトリマーを使ってみた!

光エステにはトリマーも付いている!

光エステのヘッド部分にはトリマーハンドルが付いているので、ムダ毛の除毛を行うことができます。トリマーハンドルは通常収納されている形となりますので、必要時にカチッとハンドルを上げてから使用を行うようにしてください。

トリマーの使い方は、とても簡単。

ヘッドを傾けて肌の上を滑らせるように動かしていきます。あまりにも強く肌に押し付けると、トリマーハンドルが使用前の位置に戻ってしまいますので、優しく動かすというのがポイントです。 あまりにも沢山のムダ毛がある時は不向きかも!?

パナソニックの光エステのトリマーはオプション的な機能なので、一般的なシェーバーや電気カミソリほどの強い効果はありません。そのため、数か月も放置していた私のムダ毛に使ったら、かなりの剃り残しが出てしまいました。このトリマーを上手に活用していくには、やっぱりメインの光エステと併用が効果的だと思います。 光エステで薄くなった部分にトリマーを使用する・・というサイクルにすれば、良い形で相互作用を実感できる気がするのです。

トリマーを使う時には新聞紙を敷いて!

トリマーには吸引の機能がありませんので、新聞紙を敷いたりして、毛が落ちても大丈夫な環境で使うようにしましょう。使いすぎると毛クズが溜まることもありますので、その際にはコンセントを抜いた状態でスイッチオン。この状態で刃が露出しますので、ブラシを使って毛クズを掻き出すと良いと思います。

お手入れせずに放置しておくと、どんどん除毛効果がダウンしてしまいますので、定期的にチェックして清潔な状態に保つというのも、光エステの効果を最大限に発揮させるポイントですね。私は光エステの照射→トリマー→照射・・のサイクルで結構きれいになったので、皆さんにも上手に活用していただきたいと思っています。 光エステは優しい脱毛マシンですが、肌の弱い人には特に、この2つの機能の併用がおすすめですよ。

このページの先頭へ